Purchase-NAVI

Purchase-NAVI

飲まないお酒を賢く売却!高価額を狙う秘訣

買取可能なお酒とは?

横浜には多数のお酒買取店がありますが、買取可能なお酒は種類が限られています。経年によって劣化が進んでしまうお酒の場合には買取ができず、長期保存が可能なお酒や保存によって熟成を楽しめるお酒が基本です。代表的なのはワイン、ウイスキー、ブランデー、焼酎であり、シャンパンもよく取り扱われています。日本酒も比較的新しいものであれば取り扱っている買取店もあり、泡盛なども買取してくれる業者を見つけることが可能です。

お酒買取は大量依頼がお得!

お酒買取を依頼するときには大量依頼をした方が買取価格が高くなる傾向があります。希少価値があるお酒を大量入荷できるとなると買取店側も大きな利益を見込むことができるだけでなく、それを使って宣伝広告を行うことにより販促も実現できるからです。また、宅配買取や出張買取をするときには一本あたりにかかるコストを削減できる面もあります。そのため、希少価値があまりないお酒であっても一度に依頼する本数が多いほど有利になるのです。

査定額をアップさせるポイント3選

付属品を探し出すこと

お酒買取のときにはお酒そのものだけでなく付属品も買い取ってもらえます。桐箱に入っていたお酒であれば一緒に買取を依頼することで査定額が上がるので、付属品があった記憶があるなら探し出しておくことが肝心です。

保存状態について説明すること

お酒の状態は保存状態によって大きく左右されます。買取を依頼するときには保存状態についての説明をすることも査定額アップにつながる可能性がある点です。ワインセラーで管理されていたワインなら査定額も高くなります。

ボトルをきれいにしておくこと

査定額はお酒のボトルを見た印象によっても大きく変化します。ラベルやコルク栓などの薄汚れがあるだけでマイナス査定になるリスクは否定できません。ラベルを傷つけない範囲できれいにしておくと査定額が上がる可能性があります。

[PR]

酒の買取を横浜の専門店に頼もう
事前に対応実績をcheck☆ 日本刀販売の専門店を大公開☆
美しい芸術品を手に入れよう

お得に売却しよう

お金

申し込みから買取までの流れ

お酒買取の申し込みから買取は業者によってやや異なる部分はありますが、大まかには違いはありません。まず買取店に電話やメール、ウェブフォームなどで連絡をして売りたいお酒についての銘柄や外観などについての状態を説明します。そして、査定を受ける手筈を整えて現物を見て査定額を出してもらい、その結果通知を受けるというのが基本です。その査定額での買取に満足できる場合には買取をしたい旨を申し出て、書面を取り交わすことによりお金を受け取ることができます。もし満足できない場合にはお酒の返品を申し出て、別の買取店に査定を依頼して買取を進めるというのが通常の流れです。店頭に行くことで全ての手続きをその場で終わらせることもできます。

選べる査定方法!インターネットで簡単申し込み

お酒の査定方法は自由に選ぶことができます。横浜の業者では大抵は店頭買取、出張買取、宅配買取の二つ以上に対応しているので、申し込みの時点で選ぶことが可能です。店頭買取を選ぶと店頭に持ち込んでそのままその場で買取を行ってもらうことができます。出張買取は予約をして自宅まで査定に来てもらう方法です。宅配買取は宅配便で業者にお酒を送ることによって査定を受けられる仕組みになっています。どの方法でもインターネットで簡単に申し込みができる業者がほとんどです。店頭買取の場合には予約不要ですが、予約をしておくとスムーズに手続きを進められるメリットがあります。インターネットでなら24時間受け付けているので忙しい人でも気軽に申し込むことが可能です。また、お酒だけではなく刀剣なども買取してくれるところがあるため刀剣を所有している場合も買取業者を利用すると良いでしょう。お酒の買取をしてくれる業者同様に出張買取なども行なっているので気軽に活用することが可能です。また、今はお酒の買取だけでなく京都にある骨董品買取専門業者でもインターネットから申し込みをすることができます。所有している骨董品に価値があるのか知らないという場合、無料で査定をしてもらうこともできるので処分する前に業者に依頼してみると良いでしょう。その際、骨董品買取を行っている業者によっては出張費用が出ることもあるので事前に確認した上で依頼をすることが大切です。また、日本刀剣の買取を専門業者に依頼する場合は出張買取を選択すると良いです。出張買取では1点からでも依頼することができ、運んでいる間に傷ついたり、欠けたりする心配がないので手軽に依頼することができるでしょう。